シミ消しに効果を発揮する美白成分について

シミを消す治療法:ハイドロキノンとトレチノイン

シミの治療法はいろいろありますが、ここでは塗り薬のハイドロキノンとトレチノインを解説します。ハイドロキノンは強力な美白効果をもっています。植物から抽出されるアルブチンという美白成分の仲間で、メラニンの生成を抑える働きがあります。

古くからシミの特効薬として皮膚科でも処方されてきました。 メラニン色素が沈着することによってできるシミや火傷のあとの炎症後にできる色素沈着をケアする<お肌の漂白剤>とも呼ばれている医薬品です。

一般的に市販されている医薬部外品の美白剤では濃度に限界があります。 劇的な効果が期待できませんからハイドロキノンのようにクリニックで処方される薬は個人にあった濃度に調整されるので安全で確実だと言えるでしょう。

ハイドロキノン入りの美白化粧品は単剤では肌に浸透しにくいので、なかなか効果を実感できませんのでピーリング効果があるトレチノインを併用してシミの治療を効果的にします。スキンケアの最後にシミが気になる部分にトレチノインを薄く塗り乾いてからハイドロキノンを塗ります。その上から日焼け止めクリームを塗るのです。

お肌が乾燥しやすいから保湿ケアを忘れないようにしましょう。 トレチノイン(レチノイン酸)はビタミンA誘導体のことを指し、ビタミンAの50から100倍の働きがあると言われてます。 米国では、しわやニキビの治療医薬品として使用され皮膚の若返り薬として有名です。

血管形成・細胞再生・コラーゲン産出が促進されると同時にお肌がトーンアップします。 レチノイン酸は、微量ですがどなたでも血液中に流れています。 抗原抗体反応を起こしたりアレルギー反応を起こしませんから安心できる塗り薬です。

トレイチノンは角質をはがして表皮の細胞を分裂・増殖させて皮膚の再生を促進する治療方法です。 お肌のターンオーバーによって約2週間で表皮が新しくなります。 皮脂腺の働きを制御して皮脂の分泌を抑えます。

真皮でもコラーゲンの分泌を高めてくれ長期的にお肌の張りや小じわの改善効果があります。 表皮内のヒアルロン酸などの粘液性物質の分泌を刺激してお肌をみずみずしくしてくれます。
アベンヌ