正しいシミ対策で、若々しいお肌を手に入れましょう!

お肌にできてしまうシミの原因

皮膚にはメラニン色素があり、人によっては多かったり少なかったりします。 このメラニン色素がシミができるのと大きな関係があります。 ここでは、お肌にできてしまうシミの原因を探りましょう。

メラニン色素が増加したしまった場合とか、いつまでもお肌にメラニン色素が溜まってしまうとシミができてしまいます。 メラニン色素がシミになる原因は外的刺激によります。 お肌は刺激を受けるとメラニン色素が過剰に作られるメカニズムになっています。

お肌の状態が健康ならば細胞の新陳代謝が活発で古い角質はターンオーバーしてメラニン色素は剥がれおちシミになったりしません。 ですがお肌の新陳代謝が低下したり、お肌の調子が悪ければシミになってしまいます。 メラニン色素が作られた細胞が新しく生まれ変われないので、いつまでのお肌に残りシミができてしまいます。

シミになる場合は、お肌の新陳代謝が衰えてきたときや、お肌のコンディションが悪かったりしたときです。 メラニン色素が作られた細胞は新しくなれず、いつまでもお肌に残ってしまうためシミができてしまいます。

最近は外で遊ぶ子どもが少なくなりましたが、昔は外で元気に遊んでいる女の子はソバカスができていたりしましたがソバカスもシミの一種です。 ソバカスができる女の子は夏でも外で遊び回るので紫外線を浴びてしまいソバカスになってしまいます。

これと同じようにシミができる原因は紫外線が大部分をしめています。 紫外線を浴びると人間は体を守らなければならないと信号を送り細胞が防御作用をします。 その場合に働くのがメラニン色素を生成するメラノサイトです。

メラノサイトが活性化するとメラニン色素が余分に作られます。 作られてしまったメラニン色素が、さらに紫外線を浴びればシミはどんどん濃くなっていきます。 一度シミができてしまったからと対策をしなければどんどんと悪くなります。

シミの原因は紫外線だけでなく遺伝しやすい家系というものもありソバカスは紫外線だけではなく遺伝が原因とされています。 お肌を痛めてしまったことでシミになる場合もありますしニキビを潰した後にシミになってしまったり、スキンケアをしすぎてお肌が炎症したり皮膚をこすりすぎたりしてシミにができる場合もあります。

以上、お肌にできてしまうシミの原因を説明しました。 これ以外には、ホルモンバランスやストレス、加齢によってお肌の新陳代謝が衰えたりもあるようです。 とにかくお肌の刺激になるようなことを継続すると間違いなくシミができやすくなります。