美は一日にしてならず。シミ消しは毎日の積み重ねが重要です

顔や腕にできてしまったシミを消す方法は?

一度、顔や腕にシミができてしまったら簡単には消せません。 毎日注意してシミができないようにしておきたいですが、できてしまったシミは絶対に消せないわけでもなくシミを消す方法はあります。

ここでは、顔や腕にできてしまったシミを消す方法をご紹介いたしましょう。 コツコツと地道な作業になりますし効果はすぐに実感できませんが、基本はスキンケアをしっかりすることでしょう。

(1)日中外出するときは紫外線を避けるために日焼け止めクリームを塗る。
(2)角質が顔に蓄積しないように正しい洗顔方法で顔を洗う。
(3)メイク落としはしっかりとする。
(4)化粧水を充分に使って保湿して美容液でお肌ケアをしておく。

上記のような至極当然のことでありますが、こういったスキンケアを継続できれば、できてしまったシミもいつかは消えてくれるでしょう。 化粧品は美白効果があるものを使うと効果的ですしシミに有効なビタミンCやLシステインが配合されたサプリメントを飲むのもお薦めです。

スキンケア以外には、バランスの良い食生活を心掛け禁煙することもお肌に良いことです。 「何十年も時間をかけてシミを消すスキンケアは面倒だ!」とか「本格的にシミ対策をしたい」という人は医療レーザーによってシミを消す方法もあります。

治療を受けてシミを消しても、その後のスキンケアはとても大切ですからレーザー治療をすればスキンケアをしなくても良いのではありません。 レーザー治療はとても簡単で、シミにレーザー照射するだけで、顔が少し赤くなるだけでメイクをして通常通りの生活ができます。

これ以外にはピーリングという方法もあります。 スキンケアよりは効果が実感できるがレーザー治療よりも効果がしっかりしているのではないような立ち位置です。

ピーリングは薬品をシミに塗布して古い角質を落とすことです。 シミというよりもくすみが改善されてシミも薄くなったような気がするようです。 以上、顔や腕にできてしまったシミを消す方法をご紹介いたしました。 シミは簡単に消せませんし、それなりの努力が必要です。